Voicer

Voicer

声優の仕事はオーディションで獲得するのが普通

声優の仕事はオーディションで獲得するのが一般的です。アニメなどの制作が決まると、声優オーディションが開催され、第一線で活躍するプロの人たちもそのオーディションに参加します。もちろん実績がなくてもプロなら参加できますから、ど新人が大作に抜擢されるというケースも少なくはないのです。声質がイメージ通りであるかどうかなどが重視されるので、経験はあまり加味されません。実力があるのなら、経験があろうとなかろうと選ばれるので実力本位の世界だといえるでしょう。人気声優さんは、こうした競争に勝って現在の地位を獲得しているのです。新人にも非常にチャンスが大きいですから、大きな作品には数百人という希望者が殺到して、選考も大変な作業となることが多いです。ただ、そのようにしてクオリティの高い作品は作られていくのです。大きなアニメ映画などでは、業界の垣根を超えて、女優や俳優業をしている人たちがターゲットになることもあります。

プロの声優でなくてもオーディションに合格するケースがある

アニメや映画などに声を吹き込む仕事は、声優事務所に所属をしてするのが普通です。しかしときには、一般人でもすることができる仕事なので面白いです。素人でも、他ジャンルで活躍をしている人でも、声の仕事をしていくことはできます。声質というのは人それぞれで、それが役柄に合っているかどうかがとても重要なのです。ですからオーディションをして決めていくことが多々あるので、そういったものに参加すると事務所に所属しているプロ声優でなくても作品に参加することは可能です。タレントや俳優などがプロの声優さんを押しのけて主演をしているケースは非常に多いですし、まったく関係ない世界から抜擢される人もいます。珍しいところでは、アニメーターや映画監督をしている人が大作映画の主演に選ばれたというケースもあるぐらいです。オーディションをしているなら、素人だからといって諦める必 要は実はそれほどないのです。声質さえ合っているなら、プロを押しのけて抜擢されることもあります。

Valuable information

Last update:2017/12/8

『声優 オーディション』
最新ツイート

あの花雑学bot
(@anohimita_bot)

声優の木村良平と浅沼晋太郎は『あの花』のじんたんのオーディションに落ちたが、放送を見て「俺じゃなくてよかった。あれは入野くんで良かった」とそれぞれに語っている。(ラジオ「浅沼晋太郎のガチガチ!」より) https://t.co/G1OS8SD1Ew

8分前 - 2018年02月23日


【雪兎】Rion✼̥୭
(@teto003005)

@sskp1223g おう!ウチはわりと予定合わせられるからあいてる時声かけてー今年は3月以降からオーディションとか声優の関係のレッスンとかしてみたりするから2週間前には教えてほしいかな

8分前 - 2018年02月23日


声優になるための100の練習法
(@Futureeggs)

【No.93】 声優になるために 養成所にオーディションで入ることができてもそこから事務所に所属するためにオーディション、さらにプロとして作品に出るためにオーディションとまだまだオーディションが付きまといます。声優として努力してチャンスをものにしていきます。 #役に立ったらRT

9分前 - 2018年02月23日


Nacky(シタID:M4WKL8CX)
(@Nacky3)

去年の秋にオーディション開催して、長期的に選考してるんだろうから最終選考発表が早くて去年末とかでしょ。シャニマス、今春リリースで既にユニット曲発表してるって事は遅くても去年中にはキャスト決めてるでしょ。ちょっと声優やゲーム業界の、て言うか社会の常識理解してれば分かるだろうに。

10分前 - 2018年02月23日


たかぼー64(ヱヴァンゲリヲンネットワークス
(@OTAKUTakahiro64)

うーん。僕、30超えちゃったから、まず声優学校で声優目指すのは無理でしょう。事務所が入れてくれない(´・ω・`) 小説家になろう 先日、声優養成所のオーディションを冷やかしてきました https://t.co/koIg3YPeOg

15分前 - 2018年02月23日



PAGE TOP

COPYRIGHT(C)VoicerALL RIGHT RESERVED